お電話でのお問い合わせ

03-3556-8159

9:00-17:00/土·日·祝日除く

アプリイメージ

多言語WEBサイトの分析・コンサルティング

海外のユーザー視点で多言語WEBサイトの最適化をお手伝いいたします。


  • 訪日前
  • 訪日中
  • 訪日後
  • マーケティング支援
DiGJAPAN!では、ネイティブスタッフによる国ごとのユーザー視点に立った多言語WEBサイトの分析・改善のご提案が可能です。多言語WEBサイトの最適化を通して、海外からのアクセスやコンバージョンの向上を実現いたします。
中国(簡体字中国語)、台湾(繁体字中国語)、タイ(タイ語)、韓国(韓国語)、アメリカ(英語)に対応可能です。

多言語WEBサイトのコンバージョンを上げるには?

「自社メディアの多言語化を実施したのに、成果が見えない」などのお悩みはありませんか?

宿泊施設様なら予約数を増やしたい、観光地紹介サイトならアクセス数を増やしたい、などWEBサイトによって目標は様々だと思います。

 

成果が見えない要因は、日本と同じようにWEBサイトを作っていることかもしれません。海外では国によって、インターネット環境、使いやすい操作性や必要なコンテンツが違います。そのため、日本語のWEBサイトをただ翻訳しただけでは、海外のユーザーにとっては使いにくいWEBサイトに感じられ、コンバージョンにつながらない可能性があります。

 

成果を上げるためには、その多言語サイトが海外のユーザーにとって本当に使いやすいか?という点を視野に入れて、WEBサイトを分析する必要があります。

 

 

 

多言語WEBサイトの分析・コンサルティングの強み

ネイティブスタッフだからこそ、問題点に気が付きます

DiGJAPAN!の多言語WEBサイトのコンサルティングは、外国人スタッフが、お客様のWEBサイトをユーザー目線で使い、改善点を分析いたします。伝わりやすい翻訳表現や画像の見せ方、コンバージョンを獲得するために追加すべきコンテンツなどを、国別にレポートさせていただきます。


特に言語は、自動翻訳や直訳では情報が正しく伝わらないこともしばしば。例えば中国語の簡体字と繁体字が混ざっている、というだけでもユーザーにとっては使いにくく感じます。DiGJAPAN!では、ご希望であれば翻訳の修正もさせていただきます。

 

 

 

ユーザビリティ+データから改善できるから成果につながります

WEBサイト分析をレポートするところから、一緒に改善を進めるところまで、お客様のご要望に合わせて取り組ませていただきます。改善については、訪日外国人向けメディアを運用するWEBアナリストによる国別のアクセス解析データも踏まえてご提案をさせていただきます。

根拠のあるデータと、日本人では感じにくい海外のユーザー視点の課題をもとに、お客様の多言語WEBサイトの最適化をお手伝いいたします。

 

 

詳しくは、以下よりお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ・資料はこちら